結婚式の前撮りで自分の歯の黄ばみに思わず絶句。歯を見せて笑えなくなりました。

ウェディング写真

結婚式の晴れの日を迎える前に、ドレスで前撮りしたいという私の希望を快く聞いてくれた夫。

エステで磨きをかけていた肌に、お気に入りの背中開きの真っ白なドレスを着て撮影していただく事になっていました。

スタッフさんも親身になってくれて、とても楽しく撮影をしていたのですが、カメラチェックの時、まだ修正していない写真を見せていただいて絶句しました。

肌もドレスも白く、ライトが当たっているせいか、歯の黄ばみがすごく目立っていたんです・・。

それはショックで、思わず絶句してしまいました。

それに、その画像を見てからは、何となく自分の口臭が気になるようで、あまり笑えなくなってしまい、カメラマンさんに「もっと笑って下さーい。○○さん、歯を見せてにっこり!」とか言われてもそんな気分になれず・・・・。

それ以降はぎこちない笑いしか出来ず、あまりいい写真が撮れませんでした。

 

夫には何でも話せるので、歯の事が気になって撮影に集中できなかったと正直に話しました。
すると夫は、「そんなの全然気にならないよ」と言ってくれましたが、「前から気が付いてた」とも言いました。

 

やっぱり黄色いのかーとショックでした。

 

出来上がった写真は綺麗に補正されていて、黄ばんでいた歯もドレスと同じくらい白く修正されていました。

 

その後の式でも写真を撮る場面がいくつもあったのですが、やっぱり歯を見せて笑うのはためらわれました。

 

結婚式の前撮りという場面で思いがけずこんな嫌な気分になるなんて、歯のケアは本当に大事だと思い知らされました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。