ちゅらトゥースに綿棒は大間違い!100倍なんて白くならない

「ちゅらトゥース 綿棒」とよく検索結果で見ることありましたので、情報を共有しておきたいと思います。

これからホワイトニング歯磨きを使うか考えている、購入予定でしたら是非ご覧いただきたいと思います。

さて、「ちゅらトゥース 綿棒」なんのことだろう?と思い調べて見ると、ホワイトニング歯磨き粉と言われる商品をレビューしているサイトばかりに多く見られます。

ちゅらトゥースというのは、「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」と呼ばれる商品です。

筆者自身も実際に使ったことがありますが、大変よい商品だったという印象です。

ですが、綿棒で100倍白くなる!と掲載しているサイトもありますが、大きな間違いということがわかりました。

ちゅらトゥースは綿棒で100倍白くならなかった

ちゅらトゥースホワイトニングを使っていたので早速試してみたんです。

ちゅらトゥースを綿棒につけたら、
ジェルが綿棒にほとんど吸収されてしまった。

これが結果です。

ちゅらトゥースホワイトニングは、ジェルタイプの歯磨き剤です。

理由は簡単です。

綿棒の先端は、綿=脱脂綿が巻き付けられています。綿棒の先端についている脱脂綿は、液体を吸収したり、患部へ塗布するために有効です。

汚れを浮かすためには、汚れの表面に留まり成分を浸透させ、浮かせ剥がす必要がありますが、綿棒がほとんど吸収してしまうため歯の表面に留まりにくいのが原因だと考えられます。

綿棒で白くなることが期待できるのは、研磨剤入りの歯磨き粉が効果的ということです。

仮に、
研磨剤入りの歯磨き粉の場合、
研磨剤は浸透せずに留まり、汚れを重点的に削り落とすことが可能となります。

研磨剤入りの歯磨き粉を綿棒で綺麗に歯の汚れを落とす方法は歯科医も推奨していました。→歯科医推薦!歯医者に通わず歯を白くする方法

それでは、
何を使うことでより効果的にホワイトニングジェルで歯を白くすることができるのでしょうか。

成分を吸収せずに留めることができる材質と汚れに対してブラッシングの力が分散せずに届く歯ブラシを選べばいいだけです。

ホワイトニングジェルに使いたいおすすめブラシ

ホワイトニングジェルは歯ブラシだけでは、どうしても汚れを落とすための力が分散してしまい、優れた成分も効果が半減してしまいがちです。

実際に床や壁の汚れを落とすことを考えてみてください。ピンポイントで集中して力を入れた方が汚れ落ちますよね?

頑固な汚れや、少しでも汚れを減らしたい綺麗にしたいという方は参考にしてもらえればと思います。

ワンタフトブラシ 磨きにくい歯と歯の間も綺麗に汚れを落とせるのに便利なブラシです。ブラシ自体もピンポイントを集中して汚れを落とすことを目的としているので集中して落としたい方にはおすすめです。
ルシェロ歯ブラシW-10 ステイン汚れを落とすことを目的とした歯ブラシです。ひし形毛が、歯面に対して接触面も大きく効率的に除去できます。
コンパクトヘッド歯ブラシ ヘッドが大きい歯ブラシよりもコンパクトヘッドの歯ブラシで1本ずつ汚れを落とすことに注力して磨くことができます。

綿棒とは違い、ちゅらトゥースのような歯磨きジェルを吸収せずに成分を留まらせながら磨けれるのでステイン汚れにも効果的に働いてくれるでしょう。

大きなブラシでは、有効成分も分散してしまい効果的に落とすことも難しくなります。

毎日の歯磨きでも、一工夫することで自宅でもホワイトニング歯磨き粉で効果的に綺麗にすることもできるのではないでしょうか。

ヘッドが小さい歯ブラシは、1本ずつ丁寧に磨くこともできるので、歯の汚れを落とし綺麗にするだけでなく、口臭対策や、虫歯予防にもおすすめです。

綿棒はどの自宅にもありすぐできる方法ですが、歯磨き剤の成分をよく考えた上で利用することをおすすめします。

ジェルタイプの歯磨き剤は研磨剤が入っていないので、毎日使いやすいのも魅力です。

使い方次第では、研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉を綿棒で汚れ落としに上手に使い分けてみてもいいかもしれませんね。

歯のホワイトニングを自宅できるおすすめ人気歯磨き粉をランキングで詳しくまとめています。 歯のホワイトニング自宅人気おすすめ人気歯磨き粉ラン...

 

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

関連記事がありません。