1度の施術で白さにコミット!ホワイトニング歯磨き粉に頼らない方法
コラム

歯のホワイトニングは自宅、歯医者どっち?メリットとデメリットまとめ

歯のホワイトニングを自宅でする人が増えていると聞きます。

ホワイトニングは自宅でも簡単に自宅でケアできる時代になんですが、ホワイトニングは自宅でするべきなのか、歯医者がいいのか悩んでいませんか?

今回は歯のホワイトニングは自宅、歯医者それぞれのメリットとデメリットについてまとめました。

歯のホワイトニングは自宅、それとも歯医者?

歯のホワイトニングは歯磨き粉やLEDなど商品さえ購入すれば、きょうからでも自宅でケアを始めることができます。

自宅で行うホワイトニングと歯医者で行うホワイトニング違いは何なんでしょう?

簡単にまとめるとホワイトニングの成分や濃度などがあげられます。

具体的に自宅と歯医者のメリットデメリットについて調べました。

自宅で行うホワイトニングのメリット

自宅でホワイトニングを行うメリットは以下の点です。

  • 安価である
  • 時間に制限がない
  • 簡単に始められる
  • 複数の効果が期待できる

がホワイトニングを自宅で行うメリットと言えます。

安価であるという点で購入しやすいホワイトニング向きの歯磨き粉などが当てはまります。薬局やドラッグストア、ネットでも比較的簡単に入手できます。

安いものでは800円くらいからでもホワイトニング用の歯磨き粉を購入できるので、だれでも簡単に始められハードルも低く一番普及しているとも言えますよね。

そのため毎日の歯磨き粉を、ホワイトニング用歯磨き粉に変えるだけで始められるというメリットは忙しい現代人には嬉しい魅力ではないでしょうか。

最近のホワイトニング向けの歯磨き粉は、歯の黄ばみを落とす以外にも、口臭や歯周病、歯茎のケアの成分を配合しているため、歯磨き粉1つで複数の悩みケアを始めることもできます。

では自宅でホワイトニングを行うデメリットはあるのでしょうか。

自宅で行うホワイトニングのデメリット

自宅でホワイトニングを行うデメリットは以下の点です。

  • 効果を実感するまでに時間がかかる
  • 自己流ケアで歯や歯茎を傷める可能性
  • 歯本来以上の白さは期待できない
  • 個人差が大きい

このような点が、自宅で行うホワイトニングのデメリットと考えられます。

自宅で行えるホワイトニングはLEDを照射したり、歯磨きが中心です。

自宅で行うホワイトニングは医薬部外品の成分が入ったホワイトニング歯磨き粉でも、歯科医で処置するような高濃度なホワイトニング効果を期待する成分は入っていません。

自宅で行うホワイトニングは歯についた汚れを落とすことを目的としています。ジェルやLEDもどちらも汚れ落としに特化した成分を配合しています。

医薬部外品の成分で入っている成分は、抗炎症作用や虫歯予防、口臭予防として配合されています。

たとえば歯磨きジェルではPAAと呼ばれるポリアスパラギン酸やLEDなら酸化チタンにより歯についた汚れを吸着したりはがれやすくします。

歯磨きもしすぎたり、力を入れ過ぎることで歯が減ったり歯茎に炎症を起こしたりと口内トラブルを起こす危険性もあります。

中には研磨剤(清掃剤)が多く含まれていて余計に歯の表面に傷がつくことも。

そして歯磨きで力を入れても歯が白くなることは残念ながらありません。逆に歯に傷がつき汚れが入り込み黄ばんで見えるということはあるかもしれません。

汚れを落とすことが成分が中心に配合されているため、歯本来の色よりも白くなることはありません。

ですから加齢による歯の色変化や傷や疾病などのトラブルによる変化には対応できません。

そして毎日使い最低でも3か月以上の利用が必要だったり、効果にも個人差があるのでホワイトニング歯磨き粉でも口コミや評価が分かれやすいと言えます。

 

つぎは歯医者で行うホワイトニングのメリットについてまとめました。

歯医者で行うホワイトニングのメリット

歯科医で行うホワイトニングのメリットは次の点です。

  • 即効性が高い
  • 歯科医師が施術の安心感
  • 歯本来の色よりも白くなる

このような点が歯医者で行うホワイトニングのメリットと考えらえます。

医薬品過酸化水素やLEDの照射が高出力などという点もありとにかく即効性が高い点が魅力です。

結婚式などを控えている方や記念の写真を撮りたい方、歯が白くするまでに時間をかけたくない方に人気です。

そして歯科医師が施術してくれることで、ホワイトニング後の歯の色の想定やケア、口内トラブルの指導など歯全般に関してケアができる安心感は非常に高いものといえます。

では歯医者で行うデメリットにはどのような点があるのでしょうか。

歯医者で行うホワイトニングのデメリット

歯医者で行うホワイトニングのデメリットは下記の点です。

  • 費用が高額
  • 通院が必要
  • 歯科医師との相性
  • 知覚過敏になることも

などが歯医者で行うホワイトニングのデメリットといえます。

歯医者で行うホワイトニングは自費と呼ばれる、健康保険外の処置となるため施術費用も高額です。

そして歯科医で価格の設定が異なります。

直接歯科医へ訪問し施術やケアを受けるため時間的に余裕がなくなります。とにかく予約が優先されます。

歯科医師との相性というもの人なので必ず付きものです。ホワイトニングを始める前に虫歯などがあれば虫歯やトラブルがある箇所からの施術が優先されます。

思ったようにすすまないといった不満も抱えることもあります。

そして医薬品などの医師が取扱いできる医薬品や機器を使い、歯の表面エナメル質から漂白行うため、もともとの歯の色よりも白くできますが、知覚過敏という状態になることも。

 

自宅、歯医者でホワイトニングをしても継続しないと戻る

ホワイトニングは一時的な処置では、すぐに元通りになると考えるべきです。

せっかく高額の費用を出しても、ケアをしなければあっという間に元通りというのはよく聞く話です。

毎日飲食はするものです、そのため歯も常に汚れますよね。

  • 自宅でホワイトニングするにせよ
  • 歯医者でホワイトニングしたにせよ

継続的なケアは必要になることも考えて行う必要があるという点は忘れてはいけません。

まとめ

ホワイトニングを自宅で行う、歯医者で行うメリット・デメリットについてまとめました。

どちらにせよホワイトニングは一時的なもので終わらせないためのケアも必要だという点を考えておきながらケアしてみてはいかがでしょうか。

  • 早いホワイトニングしたい=歯科医の施術
  • ゆっくりでも、安価にしたい=自宅(歯磨き粉、ジェル、LED)

必要や状況に応じて選んでみてはいかがでしょうか。